借り換えをすれば返済額を減らせるってホント?

キャッシングをしてお金を借りたけど毎月の返済が苦しい。頑張って支払っているけれどなかなか残高が減らない。こういったことに苦しんでいる方もおられるのではないでしょうか。支出を切り詰めたり、家族や知人に頼ったり、いろいろな努力をされている方も多いでしょう。

ただ、この苦しい状態から抜け出すには、収入を増やすか返済額を減らすしかありません。既に働いているなかでいきなり収入を増やすのは難しいです。そこで、いかに返済額を減らすか、ということを考えていく必要があります。

返済額を減らす方法としては、お金を借りている消費者金融などに交渉して、毎月の返済額を変更してもらう、というものがあります。ただ、この方法は返済が不可能で延滞をしてしまいそうなときに使われる手段です。

あくまで一時的な措置なので、いずれ元の返済額に戻されることになります。また、毎月の返済額を減らすだけでは残高がなかなか減らなくなります。それだけ余分に金利を支払うことになるので、トータルで考えると利息分の損をすることになってしまうのです。

毎月の返済額を減らしてもらう方法は一長一短といったところです。ところが、毎月の返済額を減らしながら、トータルでの利息支払いも減らしてしまえる方法が実は存在します。それが借金の「借り換え」です。

借り換えを行うことで借り入れ金利を下げ、さらに毎月の返済額を下げることも可能なのです。

どうして借り換えで返済額が減るの?

借り換えで返済額が減る仕組みを説明するには、まず金利がどうやって決定されているかを知らねばなりません。金利は返済能力の審査の結果、適切な利率に設定されるのですが、これとは別に限度額によっても影響を受けます。

簡単に言うと、限度額が上がれば上がるほど、金利は安くなるのです。限度額が高いほど金利が安くなる理由は、利息制限法という法律にあります。利息制限法とは、利用者を保護するため金利に上限を設けている法律です。

10万円未満の貸付なら金利は最大で20%まで、10万円以上、100万円未満なら最大18%、100万円以上は最大15%が金利の上限になっています。こう見ると、貸付の金額が大きくなるほど、金利の上限が低くなっていってるのがわかります。

限度額が上がるほど金利が安くなるのは、この法律を守らなければいけないからなのです。大手の消費者金融の金利を見てみると、どこも上限は18%を超えていないことがわかります。これは利息制限法の上限に金利を合わせているためです。

そして、それまで限度額50万円だった人が、増額をして100万円になったとしましょう。すると適用金利は18%から必ず15%以下になります。

これは法律でそう定められているからであり、15%を超える金利をとってしまうと、あとで超過した分を返還しなくてはならなくなったり、行政処分の対象になってしまうのです。

借りる金額が大きいほど金利は安くなる

このように法律に金利についてのルールがあるため、大きな金額を借りるほど金利は安くなります。なお、100万円より大きい金額では法律による上限のルールはありません。しかし、100万円以降も金額が大きくなればなるほど、金利は安くなっていきます。

その理由は、「大きな金額を貸せる=信用力がある」からです。金利は信用力によって決まります。返済が滞りやすそうな人ほど信用力が低いので貸し出しリスクが高いです。そのリスクを補うため、金利は高めに設定されます。

逆に信用力が高ければ、貸し倒れの心配がないので金利を安くしても大丈夫なのです。借りる金額(限度額)が高いほどその人の信用力は高く、金利は安くなっていくのです。では、ここで逆のパターンを考えてみましょう。小さな金額を借りているようなケースです。

この場合、信用力は低め、しかも法律による金利の上限は高めになっています。そのため、設定される金利はかなり高くなってしまうのです。

いくつものキャッシングからお金を借りていて、全て合わせれば大金を借りているような場合でも、1社からの借り入れ金額が小さい場合には、金利はとても高くなります。さらに返済先が複数になるので、返済のやりくりも大変になってしまうのです。

そこで借り換えの出番

少額の借り入れを複数から行っていると、金利は高くなってしまいます。そこで、1社から大きな金額を借り、そのお金で小口の借り入れを返済して、借入件数を減らしてしまおう、という方法が借り換えです。

複数から高金利で少額のお金を借りている状態から、1社から低金利で大きな金額のお金を借りている状態に変化させるのが借り換えです。金利が下がるぶん、トータルでの利息の支払いも減らすことができます。

また、毎月の支払いは利息がまず差し引かれ、そのあと残高が減る、という方式です。利息支払いが少ないので早めに残高が減り、完全に返済を終えるまでの期間も短くなります。

返済期間が短いほど利息の支払いは減りますから、返済が早く済むという意味でも借り換えはお得なのです。また借り換えを行うと毎月の返済額を減らすことも可能です。毎月の返済額はキャッシングによって違いがあります。

返済金額が大きいところと小さめのところがあるので、小さめのところをメインの借入先に選べば、これまでの毎月の返済額を下げることも可能なのです。

借り換えの仕組みをまとめると

  • 小さな金額を借りると金利が高い
  • 大きな金額を借りると金利が低い
  • 複数から小さな金額を借りている状態は損
  • なので、借入件数を減らして1社から大きな金額を借りている状態にしよう

こういった流れになります。